業績紹介

福島県立医科大学神経内科講座においては、下記テーマを含めた多方面の研究を行っており、毎年多数の研究結果を世界に発信しております。

◎ 反復磁気刺激の作用機序に関する研究

◎ 新しい反復磁気刺激法の開発と確立

◎ ヒト運動野内調節機構の解明

◎ 神経機能画像と神経疾患

◎ 言語機能の生理的解析

◎ パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患の磁気刺激治療の開発

◎ てんかんの磁気刺激治療

◎ 不随意運動の発生機序の関する研究

◎ チャネル病のチャネル機能解析と遺伝子解析

◎ 家族性てんかんでのチャネル機能の解析

◎ チャネル病の培養細胞系モデルの確立

◎ 神経変性疾患でのアクアポリンの意義

◎ 脳深部刺激用コイルの開発

◎ 各種神経疾患における臨床研究 などなど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇川義一 教授の英文原著はこちらをご参照ください

英文原著2014

各医局員の業績については、こちらを参照ください

福島県立医科大学研究者データベース


このページのトップへ戻る

医大診療内科について

  • 神経内科について
  • 教授挨拶
  • 医局員紹介
  • 臨床紹介
  • 研究紹介
  • 業績紹介
  • 業績紹介

医局員日誌

福島医科大学ホームページ