神経内科について

脳血管障害は、がん、心臓病に次ぐ日本人死亡原因の第3位(要介護になる疾患としては第1位)で、年間13万人もの方がこの病気で死亡しております。臨床的には、平成17年10月に超急性期脳梗塞へのrt-PA使用が日本で承認され、脳梗塞診療のブレークスルーとなりました。しかし、発症3時間以内という限定的な使用方法や様々な除外基準などから、その治療の恩恵を受ける患者さんはいまだ少ないのが現状です。2020年には脳血管障害患者さんは300万人を超えるといわれており、来たる超高齢化社会のためにも脳血管障害研究の発展は急務事項と考えられています。

当科では、脳血管障害研究の一環としてin vivo系の脳虚血モデルを作成し、薬物による治療効果の評価や、虚血性神経細胞死のメカニズムおよび神経細胞・グリア細胞のviabilityなどの検討を中心に行っております。特に、脳梗塞予防を新しい視点で見た脳虚血耐性研究に重点を置き、脳梗塞に陥らない究極的な「スーパーブレイン」を無理なく誘導することができないか実験的に検証しています。将来的にはこのような「スーパーブレイン」に神経変性疾患、炎症性疾患などに抗する働きがないか検討することも考えております。

当科は脳梗塞や脊髄梗塞などの血管障害をはじめ、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病などの変性疾患、筋ジストロフィーなどの筋疾患、多発性硬化症やギラン・バレー症候群などの脱髄疾患のほか、脊髄炎、髄膜炎・脳炎、重症筋無力症、末梢神経障害、てんかんや頭痛などを対象とした外来・入院診療、救急対応を行っています。

入院診療は、数名の入院患者を一人の担当医が中心となって診療を行い、さらにグループでも診療を行います。神経学的診察法など臨床神経学の習得、基本的治療・専門的治療の習得のほか、筋生検・神経生検、経食道心臓超音波検査、頚部血管超音波検査、筋電図などの電気生理検査のほか、磁気刺激検査などを積極的に行っています。

また、毎週の総回診、抄読会、隔週の症例検討会のほか、脳神経外科とのジョイントカンファランス、内科合同カンファランスなども行っています。

この間、日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医の取得をはじめ、いずれは日本内科学会総合内科専門医、日本脳卒中学会専門医や日本神経生理学会認定医を取得することが可能となります。

神経診察:実際とその意義

よくわかる神経診察法の解説書、3月に発売予定
神経診察:実際とその意義 (水澤英洋、宇川義一 著、中外医学社)

神経診察は難しいと言うイメージがありますが、決してそんな事はありません。
細かい事が多いですが、その基本となるのは正常生理です。
この本では、実際とその意義という題名が示すように、診察の方法を述べるだけ
でなく、どういう正常生理に基づきこういう診察法をわざわざするのかを、解り
安く解説しています。

似た様な本がいくつかありますが、図解も多く、最も解り易い本になっています。

また、福島県立医大神経内科では、この様な理論に基づく神経診察を常に行って
おり、医局員全員が神経診察のプロを目指しております。


このページのトップへ戻る

医大診療内科について

  • 神経内科について
  • 教授挨拶
  • 医局員紹介
  • 臨床紹介
  • 研究紹介
  • 業績紹介
  • 業績紹介

医局員日誌

福島医科大学ホームページ